昔のコンピュータの広告101






[PR]



2008年08月10日(Sun)
昔のコンピュータの広告101


コンピュータ業界の進歩は目覚しく、「ドッグイヤー」とも言われる。

※ドッグイヤー
通常 7 年で変化するような出来事が 1 年で変化すると考える。
〔人間の 7 年が犬の 1 年に相当することから〕
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より



101 Classic Computer Ads - Boing Boing Gadgets に掲載されている画像を見れば、その進歩をさらに実感できることだろう。

このエントリーでは、過去に雑誌などに掲載されたと思われる、コンピュータの広告を101個載せている。

今の私たちからすればレトロ感ただよう広告だが、数十年前の人はこれらの広告に「時代の最先端」を感じていたのだ。

世の中の変化の激しさをうかがい知ることが出来る。




writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

某ニュースサイトにインスパイアされて作ってみた。
全ページリンクフリー。
コメント・トラックバックはスパムのみ削除します。


面白かったら人気ブログランキングへ
クリックプリーズ。

Special Thanks:NINJA TOOLS


新着トラックバック/コメント

「暇人 himazine」について

2008年7月31日からスタートした新興ニュースサイト。
元ネタは言わずもがな。
主に海外から旬なネタを拾ってきて紹介しています。
「暇人」と入力しようとすると「暇尋」と変換されて困っている。








完全無料の英語学習法

カレンダ
2008年8月
         
10
           

アーカイブ
2008年 (37)
7月 (2)
8月 (22)
9月 (13)
2009年 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:14
昨日:27
累計:320,541